メニュー

ピンピンコロリリフォーム-近畿- > いきいきできる商品 > 商品一覧 > Panasonic バスルーム リフォムス 『握りバー兼用スライドバー』

Panasonic バスルームリフォムス握りバー兼用スライドバーで身体への負担の少ないバスタイムを手に入れましょう。

2015年3月28日(金)掲載

Panasonic バスルーム リフォムス
『握りバー兼用スライドバー』

滑りやすい浴室において、立ったり座ったりする際、身体を支える手すりがあると動作が楽になります。バスルームリフォムスの「握りバー兼用スライドバー」なら、入浴中の動きに合わせて、ていねいに身体をサポートしてくれます。

バスルームリフォムス

お風呂をトータルに心地良くする技術。 あたためる×さまさない ユニットバス リフォムス「スゴぽかフロア」|リフォーム|シニア・高齢者

バスルームリフォムスは、脱衣室暖房乾燥機やオートルーバー暖房換気乾燥機、床・壁・天井断熱、保温浴槽Ⅱなど、お風呂をトータルに心地よくする技術です。今回はその商品の一つ、バスルームの手すり「握りバー兼用スライドバー」をご紹介します。

「やさしさ動線」で、家族みんなが使いやすいバスルームに

ずっと使い続けたい場所だから、身体への負担を抑え、使い勝手や安全性に配慮。座ったままでも使いやすいカウンターや収納、手の届きやすい握りバーなどさりげないやさしさにあふれた浴室空間です。

浴室に入る「滑りにくいから安心。」

イスに座る・立ち上がる「洗い場での動作がラク」

身体を洗う「座ってものが取りやすい。」

浴槽の出入り「安心して出入りできる。」

握りバー兼用スライドバーの特徴

握りバー兼用スライドバー Pタイプ L型

入浴中の動きに合わせてていねいにサポート。

握りバー兼用スライドバー Pタイプ L型

ラクに手が届くよう、位置にも工夫。

歳を重ねると気になる浴槽への出入りや、洗い場での移動をサポートします。洗い場から浴槽への導線を助けるL型と、浴槽内の立ち座りに便利なI型をご用意。

シャワーフック

シャワーフックは片手で簡単に高さが調整できます。

イスから立ち上がる

不安定になりがちな立つときの姿勢をサポート。

イスから立ち上がる

浴槽をまたぐ

L型バーなら縦・横2か所でしっかり身体を支えられます。

浴槽をまたぐ

浴槽につかる

浴槽に入ったら横方向のバーでかがむ姿勢をサポート。

浴槽につかる

浴槽から出る

入浴中や浴槽から出るときは浴槽横のバーで安定。

浴槽から出る

将来も使いやすい浴室とは?バスルームに対するみんなの本音を集めました

毎日、家族全員が使うバスルーム。今だけでなく、ずっと快適に使うには? お風呂のリフォーム経験者を含む70歳以上の方々にヒアリングとアンケートを実施。バスルームに対するお悩みやご希望を伺いました。

68歳~78歳の男女12名にヒアリングを実施
将来性を考え、安全に配慮する意見が多く聞かれました。

動作について の声

リフォームについて、温度について の声

70歳以上の方約200名にバスルームに関するアンケートを実施
素肌で過ごすバスルームに必要な「動きやすさ」と「安全性」。

自宅での入浴で、「危ない」「負担だ」と思うことは?

リフォームした時、配慮しておけば良かった…と思う事は?

リフォームを考えている人にオススメしたいものは?

検証

みんなに使いやすい浴室とは?日本人4万人のデータベースを元にシミュレーション。

パナソニック独自のシミュレーションツール「デジタルヒューマン」を使い、身長別(145cm・160cm・180cm)の推定データを算出。さらにモニターによる評価を行い、データを検証。身体への負担を抑え、使い勝手や安全性にも配慮した浴室空間を考えました。

浴室内での動きやすさをシミュレーション
使いやすいカウンターや握りバーの位置を考えました。

洗面器を置いて使いやすい高さ38.5cmのカウンター 手が届きやすく、浴槽へ出入りしやすい形状の握りバー

UDゾーン

立ち座りの多い洗い場での人の動きを検証。
動作しやすい理想的な風呂イスの高さは、およそ35cm。

イスが低いと・・・
立ち座りのときの足腰への負担が大きくなったり、カウンターから洗面器を持ち上げにくい。

25cmのイス

イス高さ35cm
シミュレーションで最も多くの人が立ち座りしやすい高さ、足腰への負担が少なく、周囲にも手を伸ばしやすい。

35cmのイス

イスが高いと・・・
座った時の安定感が悪く、カウンターが低くなるので、洗面器に手をのばす時に腰に負担がかかってしまう。

40cmのイス

(身長160cmの場合、デジタルヒューマンによるシミュレーション)

「みんなに使いやすい」のために

「デジタルヒューマン」とは、Panasonicが独自に開発した人体への負担を可視化するシミュレーションツール。 4万人のデータベースをもとに推定データを導き出し、実際のモニター評価で検証することによって得られたノウハウが商品開発に活用されています。

デジタルヒューマンによるシミュレーション

モニター検証

Panasonic バスルームリフォムス
握りバー兼用スライドバーで
身体への負担の少ないバスタイムを手に入れましょう。
いきいきな住まいへ、これからリフォームする人の相談窓口 会社探し・資金相談・完成保証・リフォーム内容 受付時間9:00~17:00 0800-111-5953 地域工務店の全国組織(JBN)に所属する近畿木造住宅協会にまずご一報を!