高齢者・シニア向け健康リフォーム ピンピンコロリリフォーム-近畿- 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山での相談はこちら!

メニュー

ピンピンコロリリフォーム-近畿- スタッフブログ

今人気の1LDKリフォームのご紹介

カテゴリ:お役立ち情報, その他
投稿日:2016年10月3日

2DKから1LDKへのリフォームで、明るく開放的な空間へ!

コンパクトで部屋数が多く人気の間取りだった2DKですが、「最近ではリビングを広々とりたい」と考える方も多いようです。変わっていくニーズの変化をリフォームで解決しましょう!今回は、明るくて快適な生活が実現する2DKから1LDKへのリフォームポイントをご紹介します。

■1LDKへリフォームするメリット

まずは部屋の数を減らして、より明るく開放的な空間へ大変身できる1LDKへのリフォームのメリットをご紹介します。

■1.明るさアップ

1LDKへのリフォームのメリットは、なんと言ってもリビングの明るさがアップする点です。2DKのほとんどは、ダイニングキッチンの奥にもう一部屋ある間取りになっているので、どうしても光が届きにくくなってしまいます。1LDKへリフォームすると、リビングからベランダ部分に向けて壁がなくなり、より光が入りやすくなります。風通りがよくなる点もメリットです。

■2.プライベート空間の充実

2DKの間取りのなかには、二間続きの間取りの住宅もあります。二間続きだと、どうしてもプライベート空間を取りづらくなってしまいます。また、仕切り部分が壁ではなく、障子などのこともあります。
このような間取りを1LDKへ変更すると、仕切りを壁にでき完全なプライベートルームをつくることができます。やはり寝室などは、きちんとプライベートが保てるほうが良いでしょう。

■3.人気の間取りで汎用性が高い

メリットの3つ目は、人気の間取りで将来の汎用性が高い点です。以前はお子さんの子供部屋が欲しいということなど、狭くても部屋数が多い間取りが人気でした。しかし、現在では子供部屋を必要としない家族が増えてきているので、1LDKが人気の間取りとなっています。プライベート空間を保ちつつ明るいリビングがある1LDKは、コンパクトながら住みやすい間取りと言えるでしょう。将来的に賃貸に出す場合でも1LDKへリフォームしておくと、入居者が決まりやすいです。また、部屋数が少ないので、将来的に必要なメンテナンスも最小限に抑えることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

家の耐震性について

カテゴリ:お役立ち情報
投稿日:2016年9月24日

最近、日本だけではなく、全世界的に地震が多くなっております。特にマグニチュード6以上の大きい地震が増えているので、家の耐震性について関心がより高くなってくると思います。

1

 

自然災害のリスクが高まる中、特に木造一戸建ての耐震性などの強度が課題となっていますが、自分の家のどこが問題なのか、どこを補強すればよいのかが分からないという方が多くいると思います。本日は、『家の耐震リフォーム』についてご紹介致します。

耐震性を決める5つのポイント

  • 地盤:建物の揺れは、地盤の状態に大きく左右されます。軟弱地盤では、壁量も基準の5倍が必要。
  • 重量:地震力は建物の重量に比例するので、耐震性能を高めるには、建物を軽くすることが望ましい。
  • 壁:木造住宅では、主に地震力を壁が負担する為、必要な壁量が定められています。
  • 床:水平構面である床の剛性が十分でないと、壁の耐力にも影響があります。
  • 接合部分:軸組工法の建物は、土台、柱、梁などの接合部分に、一定の強度を確保することが定められています。

 ※耐震リフォーム参照

 

耐震補強が必要な家は?

 %ef%bc%92 1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年の阪神淡路大震災で、1981年以降建てられた建物の被害は少なかったことが報告されています。
 %ef%bc%93 軟弱な地盤は日本中にあります。特に都市部に多く、注意が必要です。軟弱地盤は揺れが大きくなるので、壁量も50%増しにするよう、建築基準法で定められています。
 %ef%bc%94 1階より2階部分が飛び出ている建物や、2階部分を1階の柱だけで支えるピロティー状の建物のことです。不安定な家になりがちですが、実際多く建てられています。
 %ef%bc%95 1階が店舗や車庫、大きな窓などの建物です。壁がないと耐震性の低い建物になってしまい、1階部分だけが倒壊という危険性があります。
 %ef%bc%96 建物は1階と2階の外壁線がそろっていたほうが、構造上安定します。一見、2階が小さく1階が大きい建物は安定感がありそうですが、2階の外壁の下に壁がない場合は問題があり、建物に負担がかかります。
 %ef%bc%97 ここでいう老朽化した建物とは、築年数が古いということではありません。土台や柱などが腐ったり、シロアリ被害にあっていたり、雨漏れがしていたりと、強度に不安のある建物のことです。

※耐震リフォーム参照

 

上記の該当する家の場合は耐震性に問題が無いか診断を受ける必要があります。

もし、自分の家が該当する場合は念のためでも、近くの工務店に相談し、診断を受けてみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

オカメイフェア2016参加のご報告

カテゴリ:お役立ち情報, その他
投稿日:2016年9月17日

9月10日、㈱岡本銘木店の三田プレカット工場でオカメイフェア2016が開催されました。
オカメイフェアは毎年、開催されています。昨年は6月でしたので、蒸し暑かったのですが、今年は9月!天候にも恵まれ、秋を感じさせる天気でした。
img_5667
今年は大規模木造建築物に対応できるプレカット加工マシン『フンデガーK2i』が三田工場に導入されたこともあり、見学を楽しみしていた来場客も多かったようです。
実物を見ると思った以上に大きく、かなり迫力のある機械でした。
この『フンデガーK2i』を利用すれば多様な加工にも対応できるため、今まで、木造では対応できなかった大空間の物件も対応できるようになるようです。
特に、倉庫や店舗など鉄骨で建設してきた建物も木造で対応できるようになるというすごい機械です。
img_57081

昨年、好評だった『お子様上棟体験』は昨年以上に参加者が多く、たくさんのお子様に上棟体験を楽しんで頂きました。その姿を見届ける来場客も笑顔になるとても良いイベントだったと思います。
img_2113

2種類の断熱材の施工実演も行なわれました。アメリカの新聞古紙を細かく粉々にした断熱材『アップルゲートセルロース』と空気の泡で住まいをまるごと包み込む現場発泡ウレタンフォーム断熱材『フォームライトSL』の施工実演がありました。
img_5722
img_5761

それぞれに独自の特徴を持っている断熱材で、人気の商品です。

そして、地元中学校吹奏楽部による演奏会も行われました。4曲プラスアンコール1曲で全5曲を演奏して頂きました。演奏時間は25~30分でしたが、演奏に聞き入ってしまい。あっという間に時間が経つほどに素敵な演奏会でした。
img_5784

一般的な展示会で行われる建材フェアと違って、自然に恵まれる場所にあるプレカット工場で行われる『オカメイフェア』です。お出かけのついでに、ちょっと足をのばしてもらえるような一般の参加者は少ないですが、普段見ることの無いプレカット工場の見学も出来ますし、毎年、大人も子供も楽しめるオリジナルイベントも行っていますので、参加して頂ければ色んな発見があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

メーカー別システムキッチンの特徴

カテゴリ:お役立ち情報, PPK商品情報
投稿日:2016年9月12日

最近、Googleの検索エンジンの人気キーワードを見ると『システムキッチン』に対する検索が増えていることがわかりました。システムキッチンに対する関心が高まっているのだと思います。

確かに在来のキッチンに比べて、最新のシステムキッチンはとても便利で、顧客の満足度も高い商品です。しかし、システムキッチンを扱っているメーカーも多く、ほとんどが似たような商品で、どのような差があるのか分からなく、ネットで口コミをさがしているお客様が多いです。本日は、各メーカー別のシステムキッチンの特徴について、ご紹介致します。

クリナップ

  
  
見えないところにまで、こだわりのステンレスを使用

クリナップはステンレスキッチンに注力しており、『クリンレディ』と『S.S.』のキャビネットは丈夫なステンレス製。長くキレイに使えます。

ラクエラは木製キッチンですが、扉カラーなどのインテリア性が高く、リノベでも人気のキッチンです。

リクシル

  
  
独自の機能が豊富なキッチンが魅力のリクシル。

同社独自のドアポケット収納の「らくパッと収納」や、水を流すたびに勝手にキレイにしてくれる「くるりん排水口」、シンク、コンロ、扉の色を組み合わせることで、自分好みのマイキッチンにすることが出来る「彩コーデ」といったユニークな機能や豊富なバリエーションが人気です。

車いす対応のウエルライフもラインアップしています。

パナソニック

  
  
パナソニックならではの先進技術に注目

スタイリッシュなデザインが魅力のパナソニックキッチン。

独自の横に並んだ3口コンロ「トリプルワイド」は調理のしやすさが人気の商品です。

シンクとカウンターとの継ぎ目がない「スキマレスシンク」で清掃性の高さも実現。

家電メーカーならではの技術が詰まったキッチンです。

タカラスタンダード

  
  
耐久性、清掃性に優れた高品位ホーローを使用

タカラスタンダードは高品位ホーローを使用したキッチンが充実。ホーローは熱や湿気に強く、清掃性に優れており、毎日水や火を使って汚れやすいキッチンにピッタリの素材です。お求めやすい価格のキッチンが多く、間口のバリエーションも豊富。ご家庭に合うキッチンがきっと見つかります。

TOTO

  
  
水と向き合ってきたTOTOならではのキッチン

クラッソの標準仕様の水栓「水ほうき水栓」とシンク「すべり台シンク」は、水と向き合ってきたTOTOならではの製品。水を使う作業をグッと楽にして、さらに節水も実現します。

キャビネットの収納は使いやすい2重構造で、作業中の細かな負担を軽減。調理に集中できます。

トクラス

  
  
人造大理石にこだわりたいお客様におすすめです。

トクラスは長年人造大理石のキッチンを開発してきた安心のメーカーだから、ワークトップとシンクが人造大理石製で、標準仕様でシンクの色を変えられます。カラフルなシンクを選べば調理が楽しくなりそう。シンクとカウンターの間に継ぎ目がなく、汚れがたまりにくい点も特徴です。

ハウステック

  
  
ワークトップの高さをカスタマイズ出来、扉カラーも充実

ハウステックは日立グループの会社として始まり、現在はヤマダ電機グループ傘下の

キッチンメーカーです。

「ラヴィー」は長年培ってきたデザインや使いやすさを活かしたキッチン。

1cm刻みでワークトップの高さを選べるから、お客様の使いやすい高さにカスタマイズできます。

扉は標準仕様で26色×取手3種類から選べる、充実のバリエーションです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

歯を再生させる歯磨き粉「ビオミンF」イギリスで販売開始!

カテゴリ:お役立ち情報
投稿日:2016年8月29日

前回、紹介させて頂いた『歯を再生させる歯磨き粉:ビオミンF』の現状を知りたいという声がありましたので、紹介致します。

8月からついにイギリスで販売が開始されました。以前から生産を開始したという記事を見たことがあるので、市販までもうすぐという感じでしたが、ついに販売が開始されたようです。

 

160829

(海外通販サイト:http://www.dentalshop.co.uk/acatalog/BioMinF-Toothpaste.html

まだ、日本では正式販売はしていませんが、海外代理購入などを利用すれば購入はできるようです。

調べてみると海外代理購入の相場は送料込みで4000円前後でした。イギリスでの定価が「800円」ですので、ほぼ5倍ぐらいです。急いで使ってみたい方は海外代理購入を利用してみるのも良いかと思いますが、かなり高価になってくるので、日本での正式販売を待ってみたいです。

日本での正式販売はまだ決まっていませんが、日本から関心も高まっているので、近い内に市販されると思います。

日本で正式に販売するためには日本の研究機関の検査結果が必要になってくるので、大手企業を通じての販売になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

3 / 1012345...10...最後 »
大阪 シニア・高齢者がいきいきな住まいへ、これからリフォームをする人の相談窓口 会社探し・資金相談・完全保証・リフォーム内容相談 どんな些細な事でもご相談ください