高齢者・シニア向け健康リフォーム ピンピンコロリリフォーム-近畿- 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山での相談はこちら!

メニュー

Facebookの効果的な運用方法Vol.1

カテゴリ:Facebookの活用, お役立ち情報
投稿日:2016年11月15日

Facebook初心者の中小企業のミス、ワースト3

1.第三位 個人アカウントで企業名を登録

第三位には、以前よりは少なくなりましたが、それでも未だに間違いが多く、最悪の場合、Facebookのアカウント削除の可能性もありうる、重大な規約違反です。

FacebookのIDは2つの種類があります。

個人アカウント・・・1人1つしか所有できない、個人が実名で持つID。友達とつながるなど、一般的に使われるのはこちら

  ビジネスアカウント・・・個人アカウントを持たずにFacebookページを管理する為だけにある、ビジネス専用のID。個人アカウントを企業名や商品・サービス名で登録することはできません。しかし、よくわからずに、事業や店の名前で、個人アカウントを登録してしまった企業や団体が数多く見られます。もし見分け方が分からない方は、自社の企業IDのページに、「友達」という表示がある場合、それは間違って、個人アカウントで企業IDを作っています。

 

2.Facebookページの表紙で宣伝をする

第ニ位は、著名な企業ですら気づかずに行っている事がある、非常に多いFacebookページの利用規約違反です。 Facebookページの表紙には、カバー写真という、横851×縦315のサイズの大きな画像を貼ることができます。 これが非常に目立つ為、企業の広告や、電話番号やホームページアドレスなどを、カバー写真に入れてしまう企業がありますが、これはFacebook の規約違反です。ページが削除されることもありますので、気をつけましょう!

facebook-image-template-610-framed

3.Facebookページで宣伝と告知ばかり

第一位は、Facebook の規約違反ではありませんが、大半の企業のFacebookページで犯しており、まったくミスとは思っていない致命的なミスです。 もし貴社のFacebookページが、一生懸命に更新をしている関わらず、いいね!やコメントなどの反響が得られないのであれば、おそらく、宣伝や広告ばかりで内容がつまらないからです。 そもそも、Facebookページを読むことを目的としている、Facebookユーザーは、ほとんどありません。つまり、宣伝や広告ばかりの企業Facebookページは、残念ながらあまり効果が期待できません。

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

大阪 シニア・高齢者がいきいきな住まいへ、これからリフォームをする人の相談窓口 会社探し・資金相談・完全保証・リフォーム内容相談 どんな些細な事でもご相談ください